なつぞら第14話のあらすじ!天陽家の酪農で泰樹が一変した理由とは?

NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・00)

第3週「なつよ、これが青春だ」

 

今週から子役(粟野沙莉)から入れ替わり、

ヒロインの広瀬すずさんが登場しました。

4月15日(月)の放送では、

馬の出産に立ち会い、逆子で難産の為、

瀕死の仔牛を人工呼吸して助けたり、

騎乗で高校に行くなど、

すっかり十勝での生活に馴染み

たくましくなった”なっちゃん”(奥原なつ)が登場しました。

 

明日16日、第14話の放送では、吉沢亮が演じる天陽くんもいよいよ登場です。

とっても楽しみです。

第14話のあらすじをまとめました。

 

(引用:NHK公式Twitter)

 

4月14日の「なつぞら」

朝難産で瀕死だった仔牛の命を救い、

おじいさんの柴田泰樹(草刈正雄)から

夕方の搾乳(乳しぼり)は休んでよいと免除されたなつ(広瀬すず)は、

学校帰りに幼馴染の山田天陽(吉沢亮)の家を訪れる。

 

9年前に土が悪く作物が育たないとされていた

荒れ地は広大なじゃがいも畑になっていました。

 

天陽と二人、お互いの姿をスケッチし絵を描くことも上達しているなつでした。

楽しそうに過ごすなつ。

 

天陽は農協の支援を受けて、山田家でも乳牛を飼い始めたことを話します。

なつは、天陽の所に来た乳牛を見せてもらいます。

健康そうな牛が天陽のところにきたことがうれしくなり、

家に帰ると早速泰樹に報告。

すると・・・今まで笑顔だった泰樹の表情がみるみる一変します…。

一緒に喜んでもらえると思っていたなつは、戸惑います。

 

なつ(広瀬すず)は泰樹(草刈正雄)と剛男(藤木直人)の間の意見の対立を知るのでした。

 

スポンサードリンク

 

 

昨日の放送で、朝食の時に剛男がなつにおじいちゃんの様子を聞いていたのはこのためだったようですね。

ハムちゃん

 

 

 

まとめ

朝ドラ通算100作目の記念作品である今回の「なつぞら」1話1話のストーリーが

ほんとうにおもしろくて、朝の15分がとっても楽しい時間になっています^^

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 

「なつぞら」吉沢亮(山田天陽)と小林綾子の役柄は?第12話ネタバレ感想も

粟野沙里(奥原なつ・子役)プロフィールや『なつぞら』4話の撮影秘話も!!

なつぞら(朝ドラ/広瀬すず)第1話の詳細やあらすじは?相関図やキャストも!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です