ファンタビ!!登場人物と可愛い魔法動物たち!!最後の金髪は誰?

こんにちは^^miliです。

 

金曜ロードSHOW!

『ハリー・ポッター』新シリーズの第1作である映画

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

が今夜30日よる7時56分ノーカット版で放送!!!

 

おもしろかったですね~

魅力的な登場人物となんといっても可愛い~

魔法動物(ファンタスティックビースト)たち!!

 

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

見どころの3つのポイントにわけて

詳しく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』主な登場人物

主人公は、どこか抜けているそして人見知りな

魔法動物学者の”ニュート・スキャマンダー”(エディ・レッドメイン)

ホグワーツ魔法魔術学校の卒業生。

映画『ハリー・ポッター』

ハリー達がホグワーツ魔法魔術学校の授業で使っていた教科書”幻の動物とその生息地”

の著者であり、世界中を旅して魔法動物を集めては、

不思議なトランクに詰め込んでいるというキャラクターです。

 

ニュートは人見知りで動物たちといる時が好きという素敵な人物でした。

そんなニュートが訪れた”ニューヨーク”で出会う仲間たち。

 

ニュートとお互いに好意を寄せることになるティナ(キャサリン・ウォーターストン)

は、アメリカ魔法省で働く正義感の強い魔法使い。

同じく魔法使いのクイニー(アリソン・スドル)はティナの妹で、

人の心を読むことができる能力の持ち主。

そのクイニーと惹かれあうジェイコブ

パン屋を営む陽気な性格の人間(ノー・マジ)なのだが、

ニュートらに巻き込まれたことで魔法界のことを知ってしまう。

 

物語は何重にも展開していき、最後まで目が離せません!!

 

 

スポンサードリンク

 

(引用:ハリー・ポッターwiki)

ニュートン・アルテミス・フィド・”ニュート”・スキャマンダー、マーリン勲章受賞(勲二等)

(1897年生まれ)はイギリスの著名な魔法動物学者で、『幻の動物とその生息地』の著者。

 

(引用:ハリー・ポッターwiki)

ポーペンティナ・エスター・”ティナ”・スキャマンダー(旧姓ゴールドスタイン)(1901年8月19日生まれ)

アメリカ人の魔女であり、アメリカ合衆国魔法議会の闇祓いをしていた。

有名な魔法動物学者で作家のニュート・スキャマンダーの妻である。

 

 

(引用:ハリー・ポッターwiki)

ジェイコブ・コワルスキーとは、ポーランド出身のアメリカのノーマジであり、

1920年代にニューヨーク、リビングトン街435で暮らしていた。

ジェイコブは1910年代に第一次世界大戦で従軍した。

アメリカ合衆国に戻った彼は缶詰工場で働き始めるが、パン屋を開くことを夢に見る。

1926年12月6日、ジェイコブは2300ドルの融資を受けるため

スティーン・ナショナル銀行に行くが断られてしまう。

この銀行で彼は、魔法動物を発見・記録するために

ニューヨーク滞在中のイギリス人魔法使いニュートン・スキャマンダーと出会う。

 

 

可愛い!!魔法動物(ファンタスティックビースト)たち

『ファンタスティックビースト』シリーズのもとになった魔法動物たち。

ホグワーツ魔法魔術学校の教科書「幻の動物とその生息地」

から飛び出したキュートな魔法動物はとてもキュートで、

本物?!

と思ってしまうほど、リアルでした。

・ニュートのお気に入りで相棒のボウトラックル

・キラキラしたものが好きな小動物・ニフラー

・戦いで活躍する、スウーピング・イーブル

 

・危険を察知する能力を持つ大型鳥・サンダーバード

・未来予知ができたり、体毛が「透明マント」の素材に使われる

デミガイズなどが登場する。

 

物語終盤の金髪(ジョニー・ディップ)は誰?

物語最後のニュートに化けの皮をはがされて

突然現れた・・・

 

金髪の人(ジョニー・デップ)は誰?

気になりませんでしたか?

 

 

彼こそが、”ゲラート・グリンデルバルド”

指名手配中の闇の魔法使いで、最強と言われた魔法使いでした。

 

ハリー・ポッターにもでてくるグリンデルバルドは

”最強の魔法の杖”の所持者。

監獄に収容されており、最強の魔法の杖を奪いに来た

”ヴォルデモート卿”に殺され、最強の魔法の杖も

ヴォルデモート卿に奪われます。

 

グリンデルバルドとヴォルデモート卿そして、ダンブルドアの繋がりは今上映中の

第2作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』で詳しくなっていくようです。

 

ますます、

第2作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』を見たくなりますね。

 

(引用:ハリー・ポッターwiki)

 

ゲラート・グリンデルバルド(1882年~1998年3月)とは、
純血か半純血の魔法使いで、
闇の魔法使いの中でヴォルデモート卿の次に強力であると言われた者である。

 

まとめ

第2作となる最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は

11月23日に公開され、3日間で動員100万人超、興行収入約14億7,200万を記録!!

26日時点で早くも全世界の興行収入が500億円に迫る勢いというロケットスタートを切っています。

 

第2作は是非、映画館で見たいとおもいました!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です