FNS歌謡祭2018(第2夜)星野源「Pop Virus」魅力&見逃し配信動画は?

こんにちは^^miliです。

 

FNS歌謡祭・第2夜(2018・12月12日)はじまりました~!!

今夜限りのステージの数々見逃せません!!

特に気になったのは、

12月19日に発売するアルバム『POP VIRUS』の表題曲

「Pop Virus」を披露するとのこと。

なお「Pop Virus」はテレビ初披露です!!

 

(引用:FNS歌謡祭ホームページより

スポンサードリンク

新曲「Pop Virus」をテレビ初披露の時間は?

星野源さんが新曲「Pop Virus」をテレビ初披露の時間は

22:30頃~23:00

と予想します。

 

22:00~23:00の時間帯はテレビの前でスタンバイしましょう^^!

スポンサードリンク

「アイデア」との共通点を考える

『アイデア』の魅力

8月に配信限定シングルとしてリリースされた

「アイデア」は大胆なアレンジが話題となった楽曲です。

1番ではマリンバやバンドサウンドを利かせた“陽”の要素を取り入れ、

2番ではビートミュージックに内省的な歌詞をのせた“陰”をイメージ、

さらに2番の直後には自身の原点である弾き語りを取り入れています。

 

2番を聞いた時朝ドラで爽やかな1番だけを聞いていたので

”陰”のテイストに「ドキッ!」としました。

新曲「Pop Virus」の魅力

「Pop Virus」は、

「アイデア」にもあった感情の揺らぎをさらに突き詰めた楽曲。

冒頭では、ほぼギターとキックのみという音数が少ないサウンドに、

そこにガラスが割れるような音やノイズのような音が突然入り込み、

聴き手をドキッとさせ引きこんでいきます。

 

『POP VIRUS』のコンセプトでもある

「言葉にするのが難しい感情/感覚」を表現したとのこと、

喜怒哀楽を開放的なメロディと歌声によって“ポップス”として成立させて

聞き入ってしまいますね。

「アイデア」と新曲「Pop Virus」を比較

どちらも爽やかなポップテイストから、ビートミュージックや

ガラスが割れるような音やノイズのような音が突然入り込み

複雑なメロディーに・・・

「ドキッ!」とします。

喜怒哀楽を開放的なメロディと歌声によって“ポップス”として成立させています。

曲が進むにつれて、聞き入ってしまいますね。

 

見逃し動画配信は?

後日、追記します。

星野源『POP VIRUS』(通常盤)

 

まとめ

FNS歌謡祭2018(第2夜)星野源「Pop Virus」魅力&見逃し配信動画は?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です