住吉大社(@大阪)初詣のアクセス&駐車場情報と新春イベントについても!!

こんにちは^^miliです。

 

初詣2019 住吉大社(大阪)

新春は「すみよっさん」から

「初詣といえば すみよっさん」と大阪の人は口をそろえます。

大晦日の夜になると、どこからともなく人が集まり、

門前は人々でいっぱいになります。零時ちょうどの太鼓が打ち鳴らされると、

いっせいに参拝の拍手が鳴り、一年の幸福を祈願する人々で境内があふれます。

三ヶ日の参詣者数は毎年二百万人。大阪をはじめ多くの人々の心のよりどころとなっています。

(引用:住吉大社公式)

(本殿「住吉造」 引用:住吉大社公式)

 

スポンサードリンク

 

住吉大社の初詣情報

住吉大社は全国的にも人気のある初詣スポット。

本殿の『住吉造』は、神社建築史上最古のもので、第一本宮から第四本宮まで4棟からできています。

本殿は文化7(1810)年に造営されたもので、”国宝”に指定されています。

ご利益は開運招福・商売繁昌・交通安全・厄除け・縁結び・安産。

年始には、新春行事が開催されています。

 

新春イベント情報

若水の儀(わかみずのぎ)・元旦祭(がんたんさい)

日時:若水の儀 1月1日午前5時
   元旦祭  1月1日午前6時

若水の儀とは、宮司自ら神井より汲み上げた若水を竹筒に入れ、

神様にお供えする儀式です。

若水は邪気を祓う若返りの信仰があります。

元旦祭とは、初日の出の時刻に国の隆昌と国民の弥栄、

五穀豊穣を祈る神事です。

本殿をはじめ、境内にある全てのお社(摂社・末社)で斎行されます。

水は命の源とされていて、1年の初めに汲み上げられた水はとても神聖なものとされています。

これをお供えして無病息災や邪気を追い払う祈願をします。

神井の水は、この若水の儀と御田植神事の時にだけ汲み上げられ用いられます。

踏歌神事(とうかしんじ)

日時:1月4日13時

踏歌神事とは古くは朝廷で行なわれていた新年の行事で、

当社に伝わる特殊神事の一つです。

梅の若枝を持った蛭子さんが「ふくろもち」と呼びかけ、

小餅を袋に入れた大黒さんが「おおともよ」と応え、互いに歩み寄ります。

その後大黒さんは神前にて「ひ、ふ、み、よごと」と小餅を献じ、

最後に「万歳楽」を三声することで納められます。

次いで神楽女によって白拍子・熊野舞が舞われ、

神事後には餅撒き行事が行われます。

この「福の餅」を授かると幸福を得るとして、多くの参詣者で賑わいます。

 

スポンサードリンク

アクセス&駐車場

場所(アクセス)
住吉大社

大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89 住吉大社

 

参拝時間

 

開門時間12月31日22:00~1月1日22:00、

2日・3日6:00~21:00、

4日以降6:30~17:00

交通アクセス

公共交通機関で
南海本線住吉大社駅から徒歩3分
お車でお越しの方
阪神高速15号堺線玉出出口から府道5号を経由し、

一般道(阪堺線)を住吉大社方面へ車で2km。

<有料>駐車場あり(200台)。正月期間中は駐車不可。

 

正月期間中は駐車が不可となっていますので、ご注意ください。

詳しい情報は住吉大社(06-6672-0753)

または住吉大社ホームページにてご確認ください。

まとめ

住吉大社(@大阪)初詣のアクセス&駐車場情報と新春イベントについても!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です