『きみと、波にのれたら』(湯浅政明監督)あらすじやキャスト!主題歌も!!

アニメーション監督湯浅政明の最新作ラブストーリー

映画『きみと、波にのれたら』

の予告がYouTubeで配信されました。

 

2019年夏に全国公開される

海辺の街で繰り広げられるラブストーリー

 

今回はあらすじと映画のキーワードになる”思い出の歌”について

調べました。

 

(C)2019「きみと、波にのれたら」製作委員会

スポンサードリンク

『きみと、波にのれたら』湯浅政明監督・プロフィール

(C)2019「きみと、波にのれたら」製作委員会

監督:湯浅政明

生年月日:1965年3月16日生まれ

出身:福岡県

アニメーション監督、サイエンスSARU代表取締役

九州産業大学芸術学部美術学科を卒業後、亜細亜堂へ参加し、芝山努に師事。

のちにフリーランスとして活動。

メインスタッフとしてテレビアニメ『ちびまる子ちゃん』、

『クレヨンしんちゃん』シリーズなどに携わる。

 

2017年

『夜は短し歩けよ乙女』

『夜明け告げるルーのうた』長編監督作2作品が劇場公開。

 

『夜は短し歩けよ乙女』

日本アカデミー賞最優秀アニメーション賞を受賞。

オタワ国際アニメーション映画祭では、日本人監督初の長編部門グランプリを受賞。

 

監督初のオリジナル長編作品『夜明け告げるルーのうた』は、

アヌシー国際アニメーション映画祭でグランプリにあたるクリスタル賞を受賞。

 

『きみと、波にのれたら』あらすじ


大学入学を機に海辺の街へ越してきたひな子。

サーフィンが大好きで、波の上では怖いものなしだが自分の未来については自信を持てずにいた。

ある火事騒動をきっかけに、ひな子は消防士の港(みなと)と出会い、二人は恋に落ちる。

お互いがなくてはならない存在となった二人だが、港は海の事故で命を落としてしまう。

大好きな海が見られなくなるほど憔悴するひな子が、

ある日ふと二人の思い出の歌を口ずさむと、水の中から港が現れる。

「ひな子のこと、ずっと助けるって約束したろ?」

再び会えたことを喜ぶひな子だが…。

二人はずっと一緒にいることができるのだろうか?

港が再び姿を見せた本当の目的とは?

(引用:(C)2019「きみと、波にのれたら」製作委員会

 

『きみと、波にのれたら』は、

大学入学を機に引っ越してきたサーフィン大好きな19歳のひな子と、

家事騒動で出会う21歳の消防士みなと(港)とのラブストーリー。

 

湯浅政明監督の

”自信のないすべての人に贈るラブストーリ”

 

ひな子と港の単純な恋愛だけではなく

思い出の歌を口ずさみ再び現れる港の意味は?

港とずっと一緒にいられるの?

ひな子は乗り越えることが出来る?

などなど~

 

気になることが沢山で

映画への期待が膨らみます^^

 

スポンサードリンク

 

片寄涼太が声優初挑戦、川栄李奈がアニメ映画初主演!

(C)2019「きみと、波にのれたら」製作委員会

雛罌粟 港 (ひなげし みなと)

【片寄涼太・かたよせりょうた】

1994年生まれ、大阪府出身

12年にダンス&ボーカルグループ

GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカルとしてデビュー。

 

向水 ひな子 (むかいみず ひなこ)

【川栄李奈・かわえりな】

1995年生まれ、神奈川県出身。

女優。

演技派の若手女優として抜群の存在感を発揮している。

 

 

主題歌で映画のキーワードになる”思い出の歌”

主題歌 「Brand New Story」
(GENERATIONS from EXILE TRIBE)

劇中で港とひな子二人の思い出の曲となっています。

YouTubeの予告では、キャストの片寄涼太&川栄李奈が一緒に歌うシーンも!

映画が終わった後に口ずさみたくなるような

~君が眺めている、水面が鮮やかに…♪~~~

素敵な、曲ですね^^

楽曲全体の世界観もかなり映画とリンクしています。

 

まとめ

 

 

『きみと、波に乗れたら』(湯浅政明監督)あらすじやキャスト!主題歌も!!

『きみと、波にのれたら』

映画の公開は

2019年6月21日

少し先で公開が待ち遠しい^^!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ローグ・ワン見逃し動画は?あらすじやスターウォーズとの関係も

 

高山一実『トラペジウム』の意味とあらすじ(ネタバレ)は?

スポンサードリンク

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です