部分日食(2019/1/6)@北海道は何時からどこで見える?動画や画像も

こんにちは^^miliです。

 

1月6日は、月によって太陽の一部が隠れ、
太陽が欠けていくように見える部分日食が起きます。
日本で観察できるのは2016年3月9日の部分日食以来3年ぶりとなり
明日の天気も良く、午前中ということもあり、子どもと観測ができる
絶好のチャンス!!です。

 

スポンサードリンク

日食って何だろう?

晴れた日の昼間に輝く太陽は、丸い形をしています。
しかし数年に一度、丸いはずの太陽が晴れた日の昼間でも見えなくなったり、
部分的に欠けて見えることがあります。
これは「日食(にっしょく)」という非常にめずらしい現象なのです。

日食には太陽全体が見えなくなる「皆既日食(かいきにっしょく)」、

太陽が輪っかのように見える「金環日食(きんかんにっしょく)」、

太陽の一部が欠けて見える「部分日食」があります。

今回みられる日食は「部分日食」になります。

注意
注意! 太陽を直接見てはいけません!
太陽は、強い光と熱を出しています。正しい方法で観察しないと目を痛めたり、
最悪の場合失明する危険があります。
日食を観察するときは、専門家の指導のもとに作成された
日食グラスなど日食鑑賞用の製品を使用するか、
鏡を使って太陽を壁に映して観察するなどして下さい。

日食グラス購入先

 

 

 

スポンサードリンク

 

平成最後の「部分日食」は1月6日午前

 

全国的には、太陽が欠け始めるのは、
午前8時30分頃〜午前9時頃で、
午前10時前後に最も大きく欠ける所が多いようです。

 

 

日食観測は何時からどこで見ると良い?

北海道・札幌

今の時期は太陽があまり高く昇らないので、東から南の方向の空が開けたところでの観測がオススメです。

北海道では約3時間にわたって日食を見ることができます。

 

札幌では6日午前8時46分ごろ、右の上のほうから欠け始めます。

その後少しずつかけていき、午前10時13分頃に最も大きく欠け(4割ほど)、

11時47分にはかけ終わりとなり、もとの丸い太陽に戻ります。

 

なお道内各地でのそれぞれの時間の誤差は2分くらいで、大きな違いはありません。

今回の日食は、以下の特徴があります。
○北の地域ほどかける部分が大きい。
○太陽高度があまり高くなく見やすい。
○かけ始めからかけ終わりまで、すべて見られる。
○当日は日曜日で、ゆっくり観察できる。

 

ちなみに、今年は12月26日にもう一度日食が起こりますが、

このときは太陽が欠けたまま沈むため、

今回のようにすべての行程を見ることはできません。

 

全国各地の日食時刻

全国各地で太陽に月が重なる最大食の予想時刻は、
9時半を過ぎたころから10時台の前半で、
西の地域ほど早く、東の地域ほど遅くなります。
月が公転していて、月の影が西から東に進んでいくからです。

 

札幌:開始 08:47 最大食 10:13 終了 11:47
仙台:開始 08:45 最大食 10:10 終了 11:43
東京:開始 08:44 最大食 10:06 終了 11:36
名古屋:開始 08:41 最大食 10:00 終了 11:28
大阪:開始 08:41 最大食 09:57 終了 11:23
福岡:開始 08:39 最大食 09:47 終了 11:05
那覇:開始 08:50 最大食 09:39 終了 10:33

 

 

 

「部分日食」の動画と画像

2010年1月15日 那覇で部分日食 動画

 

 

「部分日食」画像

 

まとめ

部分日食(2019/1/6)@北海道は何時からどこで見える?動画や画像も

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です