『令和』新元号の記念貨幣(硬貨)の販売はいつから?入手方法も調査!!

2019年4月1日政府は、記者会見を開き、

新たな元号が『令和』(れいわ)に決まったと発表しました。

新元号は、4月30日の平成 天皇陛下の退位に伴い、

新天皇が即位する5月1日午前0時に施行される。

 

元号の改元にともない、

『令和・元年』の硬貨が新たに作られます。

日本の硬貨を製造している造幣局では、

毎年、その年の記念硬貨を集めた

貨幣セットを製造そして、販売をしています。

 

新元号『令和』の記念貨幣セットの販売はいつからか、

入手方法について調べました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

新年号『令和』記念貨幣の製造について

『令和』新元号の記念貨幣について、

独立行政法人造幣局(大阪市)の回答によると、

 

硬貨を製造するにあたり、

硬貨に文字や図柄を刻む金型の製作に2カ月半ほどかかります。

その後、模様つけやいくつかの工程があり、

やっと製造になりおよそ、3か月半かかります。

 

硬貨は1円から500円までの計6枚の種類になりますが、

その硬貨を作るための金型に関しては、

2枚ずつくらいしか作れないという事情もあるためです。

 

『令和』記念貨幣セットの入手方法は?

インターネットでの通販で販売する他、

大阪、さいたま、広島にある3県の

造幣局ミントショップで販売する予定になっています。

 

記念貨幣セットの販売価格等について

記念貨幣セットの販売価格等については、

今のところ決定しておらず、未定となります。

 

決定の情報が入りましたら、追記をいたします。

トラさん

 

スポンサードリンク

 

内閣総理大臣による新元号公表【映像】

一般に流通する『令和・元号』の硬貨について

一般に流通する『令和・元年』の硬貨については、

私たちが手にすることができるのは、

今夏以降とみられています。

造幣局(大阪市)によると、

硬貨に文字や図柄を刻む金型の製作に2カ月半程度かかるため。

まずは発行枚数が多い500円と100円を優先し、

6種類の硬貨すべてが本格的に流通するのは、10月頃を見当しているとのことです。

 


一般に流通する硬貨と記念貨幣セット、製造時期はどちらも同じになりますか?

ハムちゃん

一般に流通する貨幣は、造幣局の貨幣部が製造します。
流通は日本銀行を通じて行われますので、
記念セットの製造・販売時期とは異なります。
(引用:独立行政法人造幣局)

 

まとめ

『令和』新元号の記念貨幣(硬貨)の販売はいつから?入手方法も調査!!

今回は元号が『平成』から『令和』に変わるという、

歴史的な硬貨になりますので、

ぜひこの機会に、

記念として「令和」の記念貨幣セットを入手してはいかがでしょうか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

【新元号】が決定・発表時間は何時頃?(速報)詳しい改元スケジュールも!!

 

4 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です