沖縄・首里城【出火状況や出火原因】再建や世界遺産登録はどうなる?

10月31日未明、沖縄のシンボル「世界遺産」の首里城跡に再建された

首里城の火災は、午後1時半に鎮火されたと報道がありました。

この火災によって

「正殿」など中心的な建物がすべて全焼し、

警察や消防は目撃者や近隣の話などから出火の火元は

「正殿」から出たとみて詳しい原因を調査しています。

 

miliママ

こんにちは^^miliです

31日未明に起きた沖縄・那覇市の「首里城」火災

火災状況や出火原因。

世界遺産登録はどうなる?

気になることをまとめました。

 

スポンサードリンク

世界遺産である沖縄「首里城」から出火

10月31日未明、

世界遺産である沖縄・那覇市の「首里城」から出火、

中心的な建物「正殿」、

北殿、南殿など7棟が全焼したと報道されています。

火災状況

10月31日午前2時30分すぎ、沖縄・那覇市にある首里城にて、
火災報知器が作動し、駆けつけた警備員が
「正殿」敷地内から煙が上がっているのを確認しました。
この後、近隣建物にも火が移り、およそ11時間にもわたって燃え続け、
消防の懸命な消火活動が行われ、午後1時半に火は消し止められ鎮火をしました。
この火災で「正殿」のほか、「北殿」と「南殿」も全焼し焼け落ちてしまい、
首里城の主な建物を含めた7棟(全部で4800平方メートル余り)が焼失しました。
消防によりますと、「正殿」には、延焼を防ぐための設備や、
建物内には放水装置などを備えるなどの防火のための設備があったとのことですが、
木材建築の首里城の燃え方は激しく、火災発生からしばらくの間、
火災による熱が強くて消防隊が現場に近づけず、
またこの日は風が強かったという悪条件の為

ほかの建物に瞬く間に燃え広がったということです。

建物の中や周辺住居への被害は確認されていないとのこと。

消火活動にあたっていた40代の男性隊員1人が
熱による脱水症状を起こし、近くの病院で手当てを受けました。

出火原因

警察や消防は目撃者や近隣の話などから出火の火元は

「正殿」から出たとみて詳しい原因を調査しています。

10月27日からイベントの期間だった為、この日も未明まで

準備が行われていたとの情報があります。

現在のところは詳しい出火原因は解明されていません。

 

スポンサードリンク

ユネスコ世界文化遺産の登録は消える?

世界遺産登録されている首里城が焼け落ちたということは、最悪登録がきえてしまうのでは・・・?心配・・・・

ヒヨくん

世界遺産として登録されているのは、地下の遺構にあたる首里城跡なので建物が無くなっても登録を消されることはないと「元ユネスコ事務局長が発言しています。

トラさん

首里城は、琉球王国時代の約500年前に建築され、

昭和8年に国宝に指定されましたが、太平洋戦争中の沖縄戦で焼失しました。

その後平成になり、平成4年以降、正殿などの建造物が順に復元され、

平成12年には城跡が県内にあるほかの城跡とともに「世界遺産」に登録されています。

この「世界遺産」の登録は地下の戦争で焼失したの首里城跡であって、

平静に復元された正殿などの建造物は含まれないとのことです。

いずれにせよ、沖縄いや、日本のシンボルである建物が焼失したことは悲しいことですね。

トラさん

一刻も早く再建されることを願います。

トラさん

官房長官も「再建に全力で取り組む」と述べました。

トラさん

首里城再建に全力で取り組む

菅官房長官は、
「首里城は、平成12年に世界遺産に登録された首里城の跡に建つ、
沖縄にとって極めて重要なシンボルだと認識しており、

沖縄県民に心からお見舞いを申し上げるとともに、大変心を痛めている」と述べました。

そのうえで「首里城は、国営の沖縄記念公園における施設であり、

再建に向けて、政府は全力で取り組んでいきたい。しっかり対応する」と述べました。

首里城の防火体制について

「通常の防火対策よりはしっかりしているのではないかと思うが、
実際に火災が発生したわけだから、こうしたことを検証し、
二度とないようにすることが大事だ」と指摘しました。
(引用:NHKnewsweb)

まとめ

沖縄・首里城【出火状況や出火原因】再建や世界遺産登録はどうなる?

沖縄の人のシンボル(心の支え)である首里城

戦後から長い期間を経て再建された国宝の建物が無くなり

呆然となります。

一刻も早く再建されることを願います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です