[ザ!仰天ニュース10月30日放送]松茸で食中毒の原因と注意点の内容は?

こんにちは^^miliです。

 

夕方のニュースを見ていると・・・

収穫の秋を迎え、きのこ狩りを楽しむ人が増える一方、

毎年この時期は【毒きのこ】による食中毒が多発しています。というニュースを見ました。

素人がきのこが食用か毒きのこかを見分けるのは難しいと思います。

「毒きのこを誤って食べたことが原因で食中毒になった。」という話はよく聞きますね。

 

10月30日放送の「ザ!仰は天ニュース」でもきのこで食中毒の話題がありました。

誰もが憧れる高級食材きのこでの食中毒という話題があったので

気になる、食中毒の原因と予防について調べました。

 

スポンサードリンク

秋の高級食材「まつたけ」でまさかの食中毒!?

 

秋の高級食材きのこといえば「まつたけ」

そんな「まつたけ」で食中毒になったある一家が紹介されました。

 

毎年、知り合いから「まつたけ」をおすそ分けで頂き。

家族(おじいちゃん、おばあちゃん、娘の家族4人)で食事をすることになりました。

今年は特に気候の関係で豊作だと言われており、例年よりも多く貰い大喜び。

ホットプレートで焼いて贅沢に食べることに。

「美味しい~」

贅沢を味わっていたはずが・・・

突然、一家は次々食中毒に!!

 

 

 

見逃した方はこちらの動画(YouTube)をどうぞ^^/


(引用:ザ!仰天ニュース プレイヤー:YouTube) 

「まつたけ」で食中毒!?原因と注意点の内容

 

「まつたけ」に限らず、食用のきのこ全てにあてはまりますが、

これらのきのこには、微量の毒が含まれている場合があります。

この毒は、しっかり加熱することによって分解され毒性を失います。

もし、加熱が不十分で生の状態だと、毒性が分解されません。

これが、食中毒の原因になるんですね。

 

食中毒の主な症状としては・・・

激しい嘔吐、むかつき、腹痛、下痢といった中毒症状です。

 

今回のまつたけによる食中毒は、

まつたけに含まれるアミノ酸の一種であるヒスチジンなどが、

ヒスタミンやフェニルエチルアミン(有毒物質)に変化する為と言われています。

この中毒症状は、食してから20分~1時間程度であらわれて、

中毒成分が体内から出ていくと治癒にむかいます

比較的に重症化することは少ないため、亡くなったなどの症例は無いようです。

 

 

とは言え・・・^^;

こんな中毒症状をおこすのは絶対避けたいですよね。

きのこを生で食べるというのは絶対にやめましょう。

全てのきのこは、しっかり加熱して食べるようにしましょう。

 

 

また、今回話題になった「まつたけ」の食中毒。

調べると、よく火を通しても食中毒になる場合があるそうです。

それは、古くなった「まつたけ」も中毒性があるということです。

「まつたけ」にカビが生えていたり、ズルズルとぬめるものは、

例え洗い流したとしても、中毒を起こす危険性があります

こちらの場合も絶対に食べないようにしましょう!!

スポンサードリンク

秋のきのこの楽しみ方

 

きのこの毒性は非常に強い問いことに加え、食べれるか有毒か素人が見分けることは難しい食材です。

きのこ栽培キットで楽しんだり、スーパーや八百屋さんで市販の旬のものを楽しく選んで購入するなど、

安心して食べられるきのこを食べると良いですね。

 

そして、きのこは鮮度が落ちやすい食材です。

新鮮なうちに美味しく食べるようにするといいですね~。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は、意外な食材の「まつたけ」による食中毒について調べました。

美味しい食材を楽しんで食べるのに意外な落とし穴がある!!

という今回のケース。

きのこの食中毒がこんなに身近なものだとは、私も思っていませんでした。

美味しい、楽しいご馳走のためにも

くれぐれも食中毒にならないように気をつけたいですね。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です